OJTで気を付けたい事

どのような会社でもその会社のやり方というものがあります。それを上司・先輩から部下・後輩に教えるのがオン・ザ・ジョブ・トレーニング(OJT)です。費用をかけずにどこでも出来るOJTですが、やり方によって劇的な効果が期待出来ます。OJTを進めていく上での参考にしてくださいね。

まず、OJTとは何か理解しましょう

OJTは実際の職場で業務を通して、教育訓練をすることです。実際の職場なので、実務経験を積みながら仕事を覚えられるメリットがあります。研修室での研修とは違って、仕事に直結している訓練です。職場に適応…

全てを見る

自分はどのタイプ?メンタータイプを知りましょう

効率的に仕事を行って、利益率をアップさせたいならば、社員教育を充実させましょう。まずは、メンター制度を取り入れて、各社員がどのタイプに当てはまっているのか判断することが大切です。なぜなら、メンター…

全てを見る

OJTで最も伝えられる事とは?

OJTは、新人研修の一環として行われることが多く、職場の先輩から実際に仕事をしながら、業務上で必要となる知識を得ることができます。また、企業にとっても集合研修を行う手間を省けることや、先輩と新人と…

全てを見る

社員教育についての説明

社員教育とは企業側が社員に対して行う教育の事です。新人、ベテランに関わらず必要な技術や知識、マナー等を教える事です。

専門教育なら外部講師を依頼しましょう

より多角化・複雑化する社会で、仕事に必要な知識も増加する一方です。仕事のやり方はOJTで教えられますが、益々高度化する最新情報を習得するにはやはり専門講師に依頼するのが一番です。ここでは、専門講師の選び方や業者への依頼の仕方についてお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

資格取得が目的なら講習会に参加させましょう

社員のスキルアップはポイントと対象を絞って行いましょう

業者はここだけじゃない!複数業者を調べましょう。

© Copyright Senior Management Training. All Rights Reserved.