OJTで最も伝えられる事とは?

OJTを通じて研修を行う際に気を付けたいこと

OJTは、新人研修の一環として行われることが多く、職場の先輩から実際に仕事をしながら、業務上で必要となる知識を得ることができます。また、企業にとっても集合研修を行う手間を省けることや、先輩と新人との間で密なコミュニケーションが取れるといったメリットもあります。一方、OJTは先輩社員の考え方や経験などによって、指導方法にばらつきが出やすいため、理論的な知識を覚えさせる場合には不向きなところもあります。また、従業員の人数の多い企業では、OJTを担当する先輩社員の数が不足しやすいこともあり、入念に教育体制を整えることが大切です。その他、OJTを通じて新人に仕事に取り組む姿勢や、問題解決の方法についてしっかりと伝えられるよう工夫することが肝心です。

OJTの教育効果を高めるには

OJTは、数ある研修のスタイルの中でも、職場内で仕事に直結する事項をマスターするうえで欠かせないものとなっています。OJTの教育効果は、研修を担当する先輩社員の能力や性格などに大きく左右されることがあるため、効率よく研修を進めるうえで、定期的に人事担当者と先輩社員の間で打ち合わせをすることが大切です。また、OJTの計画を立てるにあたり、ビジネスマナーやチームワーク、モチベーションアップの方法など、新人社員に最も伝えたいことについて、予め決めておくことが成功につながります。なお、職場内にOJTを担当する先輩社員を複数人配置したり、評価のポイントを明確にしたりすることで、研修のマンネリ化を防ぐことができます。

© Copyright Senior Management Training. All Rights Reserved.